Home
 サイトマップ   ヘルプ   プライバシー規約   セキュリティ情報     
含浸とは?
 

含浸(がんしん)とは、

鋳造工程で必ず発生する
目に見えない巣穴の中に
専用システム(含浸装置)を用いて
封止出来る薬剤(含浸剤)を充填し
硬化させて巣穴を埋める技術の事です。

具体的な含浸工程は
こちらをご覧ください。

 

鋳巣(ちゅうす)
  本来は金属でうまっているべき部分にできる空洞を−−巣穴、鋳巣、ピンホール、欠陥孔−−といいます。原因や形状はいくつかありますが、内部で発生したガスによるものや、湯が凝固していくときの金属の収縮による場合などがあります。
なぜ含浸が必要なのでしょうか
鋳造工程で必ず発生するということは、乱暴な言い方をすれば「不良品が出てしまう」ということ。その確率は製品にもよりますが、20%〜50%にも達します。これは大変なロスですね。  
そこで含浸の登場というわけです
  このままでは不良品になってしまう製品を、この含浸という技術が助けているのです。特に命にかかわる部品や、圧力に耐えなければならない部品には、必要不可欠な技術なのです。
含浸はあなたの身近にきっとあります
そうなんです、ほらあなたの使っているパソコンにも、含浸されたパーツが使われているんです。
その実例をいくつか見ていきましょう。
 

English
 サイト内検索

高度な検索
 chuhatsu ムービー
chuhatsu movie 含浸とは?
 カタログダウンロード
カタログダウンロードへ
こちらから、製品カタログ(PDFファイル)をダウンロードしていただけます。
電話番号:042-557-4901(代表) ログイン
Copyright © 2001-2008 chuhatsu.com